ハローワークの職業訓練ガイド

失業保険の受給資格者の種類の比較


失業保険は、失業して職探しをしている人のうち、
一定期間雇用保険に加入している人を対象として、
厚生労働省によって求職を支援するために支払われる失業給付金のことす。

失業保険の種類は雇用形態の違いによっていろいろありますが、
ここでは求職者給付の基本的な支給の条件等につき、

一般の離職者と解雇などにより職を失った特定受給資格者
及びやむをえない理由で離職に追い込まれた特定理由離職者の場合を
比較して記述します。

  (一般の離職者の場合)

     (1)給付を受けるための条件
          雇用保険に加入している期間が離職の日以前2年間に通算12か月
          以上であること
          ハローワークで求職の申し込みを行い、定期的に就職のための職業
          相を受けること
          就職の意思を持ち、すぐに就職ができる状態にあること

     (2)支給される金額
          離職前6か月の賞与を除く合計賃金を180で割った額(賃金日額)の
          約50~80%の間で決められます。
          ただし60~64歳の人は45~80%の間で決められます。
          *賃金の低い人ほど給付率が高くなっています。
          *年齢ごとに上限があります。 
           
     (3)受給される期間
          雇用保険に加入している期間によって次のようになっています。
           1年以上10年未満の方     90日
           10年以上20年未満の方   120日
           20年以上の方        150日
         *特定の理由があれば3年を限度に延期できるようになっています。
          

  (特定受給資格者及び特定理由離職者の場合)

     (1)給付を受けるための条件
          雇用保険に加入している期間が離職の日以前1年間に通算6か月
          以上であること
          ハローワークで求職の申し込みを行い、定期的に就職のための職業
          相を受けること
          就職の意思を持ち、すぐに就職ができる状態にあること

     (2)支給される金額
          離職前6か月の賞与を除く合計賃金を180で割った額(賃金日額)の
          約50~80%の間で決められます。
          ただし60~64歳の人は45~80%の間で決められます。
          *賃金の低い人ほど給付率が高くなっています。
          *年齢ごとに上限があります。 
           
     (3)受給される期間
          年齢と雇用保険に加入している期間によって次のようになっています。

           30歳未満の方
              1年未満の方          90日
              1年以上5年未満の方     90日
              5年以上10年未満の方   120日
              10年以上20年未満の方  180日
           30歳以上35歳未満の方
              1年未満の方          90日
              1年以上5年未満の方     90日
              5年以上10年未満の方   180日
              10年以上20年未満の方  210日
              20年以上の方        240日
           35歳以上45歳未満の方
              1年未満の方          90日
              1年以上5年未満の方     90日
              5年以上10年未満の方   180日
              10年以上20年未満の方  240日
              20年以上の方        270日
           45歳以上60歳未満の方
              1年未満の方          90日
              1年以上5年未満の方    180日
              5年以上10年未満の方   240日
              10年以上20年未満の方  270日
              20年以上の方        330日
           60歳以上65歳未満の方
              1年未満の方          90日
              1年以上5年未満の方    150日
              5年以上10年未満の方   180日
              10年以上20年未満の方  210日
              20年以上の方        240日
          
*特定の理由があれば3年を限度に延期できるようになっています。