ハローワークの職業訓練ガイド

失業保険をもらうための条件と受け取り方法


ここでは失業保険をもらえる条件と受け取るための手順について説明します。

失業保険は雇用保険に加入して被保険者であることが前提で、

次のような条件が必要です。 

   1、雇用保険に下記の期間入っていること。

      a.離職の日以前2年間に通算12か月以上(b.以外の方)
      b.離職の日以前1年間に通算6か月以上(倒産.解雇及び特別な理由などで職を失った場合)
              
   2、ハローワークで求職の申し込みを行い、定期的にハローワークに通って就職相談をうけること
   3、就職の積極的な意思を持ち、すぐに就職ができる状態であること


失業保険の受け取り方は次のような流れになります。

(1)下記の書類を用意して、あなたの住所地を管轄するハローワークに行きます。
    
    ○離職票(所属していた勤務先から発行してもらう、2枚あります)
     ・離職票1----- 振込先の金融機関を指定します
     ・離職票2------退職前6か月間の給与、退職理由が明記されています
    ○雇用保険被保険者証(所属していた勤務先から発行してもらう)
    ○身元証明書(運転免許証など)
    ○印鑑
    ○証明写真(直近3か月以内、たて3cm×よこ2.5cm)2枚
    ○本人名義の預金通帳
                 
(2)ハローワークで求職の申し込みと失業保険の手続きをします。離職票等上記の必要書類を提出し簡単な面接で受理されると受給資格者のしおりを受け取ります。そこで雇用保険説明会の日時が知らされます。

(3)求職の申し込みをした日から7日間を待期期間と言い、この間に完全失業者であることを確認する作業が行われます。この間に就職が決まれば失業保険はもらえません。ただし、日雇いなどに従事してもかまいませんが報告が必要です。労働した日は除かれるためその分延長されます。

(4)指定された雇用保険説明会に受給資格者のしおり、筆記用具、印鑑等を持参して参加します(参加しなければ失業保険はもらえません)。ここで雇用保険制度の解説やハローワークの利用方法などの説明があり、雇用保険受給資格者証と失業認定申告書が渡され1回目の失業認定日が知らされます。

(4)失業認定日にハローワークに行き、失業状態であり積極的に就職活動をしていることなどを認定してもらうために失業認定申告書にその状況を記入して提出します。認定されてはじめて失業保険がもらえることになります。失業保険は1週間ほど後に指定した金融機関の口座(預金通帳等)に振り込まれます。
     
(5)その後4週間おきにハローワークに出かけて行き、失業認定申告書で失業状態で
あることを申告します。認められればそのつど失業保険が受け取れることになります。


なお、書類上に不正(ミスも含む)があった場合や
待期期間中にアルバイトなどをして報告しなかったなどの不正があった場合、
受給した失業保険の返納が求められるだけでなく、
受給額の2倍の課徴金を要求されることがありますので注意が必要です。